ホーム > 研究紹介 > タンパク質結晶

タンパク質結晶

タンパク質結晶とは?

タンパク質結晶
タンパク質結晶

 タンパク質は複雑な生命現象を司る物質で、その構造を知ることは生命現象の解明や創薬への貢献にもつながり、非常に重要です。
近年,生物科学はめざましい進歩を遂げましたが,タンパク質分子のその優れた機能と構造との相関の理解はまだまだ不十分です。
タンパク質分子の三次元構造を解析するための最も一般的な手法はX線構造解析法ですが,そのためには,まずタンパク質の良質な単結晶が必要となります。タンパク質分子は巨大で結晶化しづらいため、現在、構造解析のボトルネックとなっています。
また、結晶成長メカニズムを解明するためには、結晶内の物理的特性を理解することも重要となります。
しかし、物理的特性を観察できる大型結晶の育成が難しいこともありその構造・物性に関する研究はほとんどありません。 
よって当研究室では、大型で良質なタンパク質結晶を育成し、X線トポグラフ法による欠陥の観察や
音速の測定による弾性定数の決定などの力学的性質に関する先駆的な研究を行っています。

当研究室では、タンパク質結晶の物性という新しい学問分野の構築を目指しています。

実験装置/利用施設

  • X線トポグラフィ
  • 原子間力顕微鏡
  • ナノインデンター
  • 高エネルギー加速器研究機構
  • Spring-8
  • 日本原子力研究所