研究概要

当研究室では、物理、化学、生物といった既存の分野に捕らわれることなく、これらの境界領域に属する物質群に注目して研究を進めています。現在は、新物質のフラーレンやカーボンナノチューブ(CNT)から生体超分子のDNAやタンパク質といった巨大分子に至るまで、様々な種類の分子性結晶の作製と新規物性の探索を行っています。


現在の主な研究テーマ
1)CNTなどの新規ナノカーボン物質の創製、物性(光学、力学)および燃料電池などへの応用研究
2)有機物トランジスタの作製と電気特性
3)タンパク質結晶の育成と構造的・力学的性質

研究室ニュース&トピックス

トピックス一覧へ
タイのチェンマイ大学の理学部と研究科間協定を締結しました!  (2016/12/02)
タイの国立チェンマイ大学の理学部と本学生命ナノシステム科学研究科が研究科間協定(MOU)を締結し…
M2の鈴木君が「日本物理学会・秋季大会」で学生奨励賞を受賞しました  (2016/11/02)
M2の鈴木君が日本物理学会2016年秋季大会(9月13日~16日)の領域10で学生奨励賞を受賞し…
共同研究の成果が世界トップジャーナル「Nature Photonics」に!  (2016/10/25)
当研究室で長年行ってきた「タンパク質結晶の結晶成長」に関連する共同研究の成果が、世界トップジャー…
企業との共同研究の成果「窒素導入方法」が特許として成立しました!  (2016/10/25)
「次世代燃料電池」の開発に向けた企業との共同研究の成果「窒素導入方法」が特許として成立しました!…
B4の権守君が台湾師範大でのワークショップで発表賞を受賞しました!  (2016/09/26)
毎年恒例となった台湾師範大での学生交流ワークショップ(9月5日)に、今回は研究室から学部4年生全…