研究概要

当研究室では、物理、化学、生物といった既存の分野に捕らわれることなく、これらの境界領域に属する物質群に注目して研究を進めています。現在は、新物質のフラーレンやグラフェン、カーボンナノウォール(CNW)といった炭素材料から生体分子のタンパク質といった巨大分子に至るまで、様々な種類の分子性結晶の作製と新規物性の探索を行っています。


現在の主な研究テーマ

  1. グラフェンやカーボンナノウォールなどの新規ナノカーボン物質の創製、物性および燃料電池などへの応用研究
  2. 新奇フラーレン結晶の作製と物性評価、およびダイヤモンドアンビルセル(DAC)を用いた高圧環境における物性の解明
  3. フラーレン結晶を用いた高性能FET(電界効果トランジスタ)の作製
  4. 高品質な大型タンパク質結晶の育成と構造的・力学的性質の解明、および新材料応用へ向けた新規物性の探索

研究室ニュース&トピックス

トピックス一覧へ
タンパク結晶の研究成果が世界トップジャーナルのPNASに掲載!  (2018/03/26)
当研究室で長年行ってきた「X線トポグラフィ」研究において、タンパク質結晶に対して世界で初めて動力…
D1の鈴木君が結晶成長学会で講演奨励賞を受賞しました!  (2018/02/01)
2017年11月27日~29日に浜松で開催された第46回結晶成長国内会議(JCCG-46)に研究…
第27回日本MRS年次大会で3名の学生が口頭発表を行いました!  (2018/01/01)
2017年12月5日~7日に横浜で開催された日本MRS年次大会で、M2の吉江君、M1の佐伯君、谷…
台湾での国際ワークショップでB4の舟守君がポスター賞を受賞しました!  (2017/10/01)
毎年恒例となった本学協定校の国立台湾師範大学(NTNU)で国際学生交流ワークショップが2017年…
YCUオープンキャンパスガイドブックにスナップ写真が掲載されました!  (2017/08/10)
8月8日に恒例のYCU理系オープンキャンパスが開催されました。高校生をはじめ多くの方に研究室見学…