研究概要

当研究室では、物理、化学、生物といった既存の分野に捕らわれることなく、これらの境界領域に属する物質群に注目して研究を進めています。現在は、新物質のフラーレンやグラフェン、カーボンナノウォール(CNW)といった炭素材料から生体分子のタンパク質といった巨大分子に至るまで、様々な種類の分子性結晶の作製と新規物性の探索を行っています。


現在の主な研究テーマ

  1. グラフェンやカーボンナノウォールなどの新規ナノカーボン物質の創製、物性および燃料電池などへの応用研究
  2. 新奇フラーレン結晶の作製と物性評価、およびダイヤモンドアンビルセル(DAC)を用いた高圧環境における物性の解明
  3. フラーレン結晶を用いた高性能FET(電界効果トランジスタ)の作製
  4. 高品質な大型タンパク質結晶の育成と構造的・力学的性質の解明、および新材料応用へ向けた新規物性の探索

研究室ニュース&トピックス

トピックス一覧へ
炭素材料学会でM1の舟守君がポスター賞を受賞しました  (2019/01/11)
第45回炭素材料学会年会が2018年12月5日~7日で名古屋工業大学で開催されました。研究室のM…
北九州で開催されたMRS-Jに2名の学生が口頭発表を行いました  (2018/12/29)
2018年12月18日~20日に北九州国際会議場で開催された第28回日本MRS年次大会に、M2の…
タンパク結晶の研究記事が "PF NEWS" の表紙を飾りました!  (2018/11/22)
2018年4月に世界トップジャーナルのPNASに掲載された「タンパク質結晶における動力学的回折現…
イタリアでの「海外リトリート」に研究室から7名の学生が参加しました  (2018/09/29)
生命ナノシステム科学研究科の講義科目「海外リトリート」が2018年9月8日~16日の期間でイタリ…
「Carbon 2018」国際会議で3名の学生が発表しました!  (2018/07/14)
2018年7月1日~6日にスペインのマドリッドで開催された「Carbon 2018」国際会議に権…